2005年08月29日

秋風抄

レポートも終わったので今日は少し外にチャリをとばした。
ラーメンが食べたいなぁと思って、走っていると小さなラーメン屋をみつけた。ぼろくはないが、年期がはいっている。どことなく寂しい。入ってみた。躊躇することなかった。
入るとおじいさんが椅子に座って新聞紙を読んでいて、奥でおばさんが餃子を作っていた。
『いらっしゃい』といったのはおじいさんだった。雰囲気は外から見たとおりでもあった。
『もやしラーメン下さい』と僕がいったら、おじいさんが厨房にはいる。腰が悪いようでまがっている。作れるのかと少し不安に思った。と、そこでおばさんが麦茶を持ってきた。意外だった。おいしくない水がでてくることを考えていた。なにか少し気分がよくなった。餃子作っている姿をみていたら口が勝手に『あ、餃子も一枚下さい』と動いてしまっていた。おばさんは嬉しそうににっこり笑っておじいさんに告げる。おじいさんはすごくつらそうにラーメンを作っていた。でも手馴れている。ラーメンが無言でだされた。それでも僕はなにかいい気分でうけとって、ラーメンをたべはじめる。特別おいしいというわけではない。田舎のラーメンって感じの味である。餃子がでてくる。特別おいしいというわけではない。もちろん僕は栃木出身だから餃子の味には厳しい。

終始一人でたべていた。これでよかった。いろいろ考えた。10代最後の夏はこれでいいって思った。厨房ではおじいさんが腰を丸めて座っている。おばさんは餃子を作り続ける。客はいつくるんだろうか。来る気配はない。終始一人で食べていた。でもすごくいい気分がした。お金をきっかり払って出て行くときにおじいさんが『どうも』って快活な声で送る。『がんばれ』って聞こえた。チャリをとばした。夏という感じはもうしない。
posted by ウルフィー at 18:38| 東京 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ウルフィー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そこ今度一緒に行こうよ!
Posted by いたもち at 2005年08月30日 11:16
いいけどお前は歩けよな(`▽´)
Posted by ウルフィー at 2005年08月30日 11:25
そんな遠いの?
うしろ乗せてよー(>_<)
Posted by いたもち at 2005年08月30日 19:35
疲れるしW
Posted by ウルフィー at 2005年08月30日 20:48
やべー切ない(笑)文才あるねー♪俺の十代最後の夏は来年だーがんばるぞ!
Posted by ともし at 2005年08月30日 22:35
ちょっとがんばったW

10代最後の夏がんばれ!!!!

復活祈るW
Posted by ウルフィー at 2005年08月30日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。